Ubuntu 18.04 LTS のネットワーク設定がnetplanというものになっているのでその確認とか

はじめに

Ubuntu 18.04 LTSを使っていたらネットワーク設定の方法がifup/down からnetplanへと置き換わり、サービスの管理も networking から systemd-networkd, systemd-resolved に変わっていた。

Ubuntu 17.04 でDNSの設定がsystemd-resolvedを使うようになっており、17.10でネットワーク設定が netplan を使うように変わっていた。

  • ArtfulAardvark/ReleaseNotes – Ubuntu Wiki
  • Network configuration
    ifupdown has been deprecated in favor of netplan and is no longer present on new installs. The installer will generate a configuration file for netplan in /etc/netplan, which will set up the system to configure the network via systemd-networkd or NetworkManager. Desktop users will see their system fully managed via NetworkManager as it has been the case in previous releases, but Server users now have their network devices managed via systemd-networkd on new installs. This only applies to new installations.
    Given that ifupdown is no longer installed by default, its commands will not be present: ifup and ifdown are thus unavailable, replaced by ip link set $device up and ip link set $device down.
    The networkctl command is also available for users to see a summary of the network devices. networkctl status will display the current global state of IP addresses on the system; and networkctl status $device can display the details specific to a network device.
    For more information about netplan, please refer to the manual page using the man 5 netplan command.
    

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ubuntu 18.04 LTSがリリースされてインストーラが新しくなったので触ってみた

はじめに

2018/4/26(日本時間では2018/4/27)、Ubuntu 18.04 LTSがリリースされた。

サーバー版の変更点としては、多くはソフトウェアのバージョンアップに類するものだが、気になるものとしてはNTPがChronyへの変更、12年ぶりのインストーラーの刷新といったものがある。
今回はこの新しいインストーラというものを触ってみたのでその内容をまとめておく。

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ubuntu 16.04.4 LTS の KVM の仮想ネットワークで Open vSwitch を使用する

はじめに

Ubuntu 16.04 LTS で KVM 仮想マシンを Open vSwitch に接続して使用するための方法について、現時点でやったことや調べたことを記載しておく。

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加