MSPJマイグレーションコンペティション2017winter へ参加してきました

この記事は2017年2月28日に公開したものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

2017年2月18日に開催され 「MSPJマイグレーションコンペティション2017winter」 というイベントに参加してきました。

リンク先にある通り、日本MSP協会のコンペティショングループという団体が主催する、次世代を担う若手運用技術者同士の交流・競争を通して日本のMSP事業者における運用技術の向上を目指したコンペティションです。

イベントの内容としては、イベント参加者で当日にランダムに3-4人くらいでチーム分けして、お代として用意された古いシステムをいい感じに新しい環境へ移行することを競う競技会です。
MSP事業者の運用技術向上とありますが、MSP事業者でなくても参加できますが若手(30歳以下)限定のイベントです。

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

Zabbix 3.2 で監視対象ホストの自動登録

この記事は2016年11月3日に公開したものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

はじめに

Zabbixはサーバとエージェントから構成される監視ツールです。
VMwareやKVMに加えて、DockerやLXCなど様々な仮想化技術やAWS,GCP,Azureなどのクラウド環境が進歩している昨今、簡単に増やすことが可能なサーバに対して、逐一Zabbixエージェントの設定を行っていては監視設定の手間がかかって仕方ありません。

今回は監視対象のインスタンスが自動で増えたとしても、Zabbix 3.2 のZabbixサーバで常に監対象インスタンスを自動登録して監視対象にする方法を記載します。

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加

Linux系OSでHWリソース使用率を取得してサーバ負荷の原因を調査する

この記事は2015年10月15日に公開したものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

はじめに

サーバが高負荷となる原因には様々なものがあると思いますが、高負荷が確認された場合に何がボトルネックとなっているのか、負荷の原因を特定したり、対応策を考えるのはシステムの運用者にとっては重要です。

しかし、サーバが高負荷となっているときには、システムに障害が起こっている場合も多く、そのような状況下で、適切に状況を確認するのは難しいことも多いと思います。
ここではサーバ負荷の特定のためにLinux OSのサーバリソース使用状況を取得するコマンドについて、簡単に記載します。

続きを読む »

このエントリーをはてなブックマークに追加