ISUCON8予選で敗退した

昨年に続いてISUCON8予選に出て敗退した。

一応振り返ってみる。

振り返り

今回のお題はイベントのチケット予約アプリケーションだった。

僕はインフラ担当として参加した。
インフラは3台のCentOSのサーバ(2コア/1Gメモリ)で、初期構成はh2o 2.2.5+MariaDB 5.5+言語実装という構成で、初期状態では1台のサーバで処理を行っている状態だった。

よかったこと(Keep)

  • 事前練習して当日の流れをなんとなくつかんでおいた
  • 開始直後からのベンチ実行までの環境整備は割とスムーズに行けた…はず…
  • h2o使ったことないので即Nginxへ切り替え
  • alpインストール
  • netdataインストール
  • Nginxパラメータ調整
  • php-fpmパラメータ調整
  • MariaDBパラメータ調整

よくなかったこと(Problems)

  • 3台のサーバをどう使うかが重要だったと思うが、うまく使いきれなかった。
  • 後半(行き詰ってから特に)に大したことできなかった

改善したいこと(Try)

  • コードをちゃんと読めるようになる必要がある。Go勉強しようと思った(1年ぶりX回目)

まとめ

参加人数も年々増えて予選突破も激戦だが来年も出てみたい。

最後に、関係者の皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です