CentOS7.5のkickstart処理の途中でメモリ不足によるdracut-initqueue[XXXX]: /sbin/dmsquash-live-root: line XXX: printf: write error: No space left on device

はじめに

KVMの仮想マシンイメージで CentOS 7.5-1804 をPXE Bootからkickstartでインストールを行おうとしたとき、インストーラは起動するもののブート・シーケンス途中で以下のようなエラーで止まった。

[  16.563343] dracut-mount[2273]: Warning: Can't mount root filesystem
[  16.688087] dracut-mount[2273]: Warning: /dev/root does not exist
[  16.699366] dracut-mount[2273]: /lib/dracut-lib.sh line 1049: echo: write error: No space left on device
        Starting Dracut Emergency Shell...
Warning: /dev/root does not exist

Generating "/run/initramfs/rdsosreport.txt"

Entering emergency mode. Exit the shell to continue.
Type "journalctl" to view system logs.
You might want to tsave "/run/initramfs/rdsosreport.txt" to a USB stick or /boot
after mounting then and attach it to a bug report.

:/#

続きを読む »

PXEブートでCentOS7を自動ンストール

はじめに

こちらの記事でUbuntu16.04LTSへPXEブートをするための環境を作った。
この時はUbuntu16.04LTSを自動インストールする環境のみ作ったがCentOS7も使いたかったので、CentOS7を自動インストールする設定も追加してみたときの手順を書いておく。

なお、以下の手順はこちらの記事にあるUbuntuにTFTPサーバとDHCPサーバの設定は行ってあるものとする。

続きを読む »